出産後に髪の毛が抜けるのはなぜ?

女性 赤ちゃん.jpg

 

赤ちゃんが生まれて幸せいっぱい。

 

おっぱいをあげたりオムツをかえたり、
はじめてのママは大変です。

 

出産後に抜け毛がひどいと悩む
ママさんたちが少なくありません。

 

もしかしてストレス?

 

なんて思っちゃいますが、
出産後の抜け毛はホルモンバランス
の乱れによるものなので、

 

だいたい1年くらいでおさまるケースが多いです。
子育てがひと段落したら、抜け毛もおさまってきますよ。

 

どうして出産後に抜け毛が多くなるのかというと、
妊娠中と出産後に
女性ホルモンの分泌量がかわるからです。

 

 

妊娠・出産で女性ホルモンの分泌量がが大きく変化する

ホルモンバランス03 300.jpg

 

女性ホルモンは、
エストロゲンプロゲステロン
の大きく2つにわけられます。

 

 

妊娠中におおい「エストロゲン」


  • 子宮筋をおおきくする
  • 子宮の血のながれをよくする
  • 産道をやわらかくする
  • 出産後の母乳をスタンバイしつつ妊娠中に母乳が出るのをおさえる
  • 女性らしくやわらかい曲線のある体をつくる

出産後におおい「プロゲステロン」


  • 子宮内膜をととのえて妊娠を継続させやすくする
  • 乳腺を育てて母乳を出やすくする
  • 体に水分をたくわえる

 

妊娠中はエストロゲンがぐっと増えますが、
出産からたった数時間で
エストロゲンの分泌量は急激に減少して、

 

かわりにプロゲステロンの分泌量がふえます。
どのくらい減少するかというと、

 

閉経後のおばあさんくらいです。

 

そして授乳中はずっと
エストロゲンの分泌量がおさえられますが、

 

ほとんどの場合、1年くらいで
正常なホルモンバランスになります。

 

 

髪の毛を生やすのは「エストロゲン」

女性の髪

 

エストロゲンのはたらき


  • 髪の毛を生成する
  • 髪の毛のうるおいをキープしてツヤを出す
  • 乳房の発育など、女性らしい体をつくる
  • コラーゲンの生成をうながす美肌効果
  • 自律神経を安定させる

 

エストロゲンには、
髪の毛を生成する」というはたらきがあります。

 

なので、出産後にエストロゲンが
急激に少なくなって

 

髪の毛をしっかりささえられなくなって
抜け毛がふえてしまう女性が少なくありません。

 

授乳中はずっとエストロゲンがおさえられるので、
母乳育児でがんばるママは
とくに気になるかと思いますが、

 

出産による抜け毛は女性ホルモンのバランス
が原因なので、卒乳までのしんぼうです。

 

 

大豆イソフラボンはエストロゲンと同じようなはたらきをする

大豆400.jpg

 

どうしても抜け毛が気になるようなら、
大豆食品を食べると
抜け毛がおさまりやすくなるかもしれません。

 

大豆食品にふくまれる「大豆イソフラボン」は、
女性ホルモンの「エストロゲン」と
同じようなはたらきをするという効果
がみとめられていて、

 

厚生労働省にも
更年期の症状を緩和させる食品」
として推奨されています。

 

 

大豆イソフラボンを多くふくむ大豆食品

納豆 1パック 約65r
豆乳 125ml 約69r
油あげ 1枚のはんぶん 約52r
きな粉 おおさじ1 約15r
みそ おおさじ1 約7r

 

出産後の抜け毛は一過性のものなので、治ります。

 

エストロゲンが少なくなっていると
自律神経も不安定になりがちなので、

 

周囲にたよりながら、なるべく
ストレスをためないようにしてくださいね。

 

1年後にはぐっと楽になりますよ。

 

\(^o^)産前産後におすすめ/

スカルプシャンプー ドルチボーレ アマンナ.jpg

 

ボタン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る